障がいのある利用者様に生きがいを感じられるような療育を提供するために、「医療」「看護」「支援」「リハビリテーション」などの各専門スタッフが総合的に援助しております。
また、食事に関しては管理栄養士による栄養バランスのとれた食事の提供はもちろんのこと、個別での嚥下状況に応じた食事形態の支援も行っております。
「学校教育」を必要とされる学齢児の方には、地域の特別支援学校や高等特別支援学校の訪問学級を設置しております。

第一療育課(障害者施設等入院基本料算定病棟 51床)

重度の知的障がいや身体障がいを併せ持つ方が入所されています。人工呼吸器管理や吸引などの医療的ケアをはじめ、機能訓練や日常生活全般の支援が必要とされる方々が対象となります。

第二療育課(障害者施設等入院基本料算定病棟 52床)

医療的ケアは多くはありませんが、機能訓練や医学的管理の下における支援、食事・入浴・排泄などの日常生活全般、個別支援による活動など、身体機能の向上および維持のために必要な援助を行っております。