私たちは「愛と奉仕の精神」の理念のもと、榛桐会と社会に奉仕します。
私たちは、利用者様の立場で考え、ご両親とご家族の思いに応えます。

重度の知的障がいと重度の肢体不自由が重複している児童を入所させ保護するとともに、治療及び日常生活の指導をすることを目的にする施設(児童福祉法第43 条の4)で、医療法に基づく病院でもあります。

心身障がい者のためのデイサービス機能「障がい者デイサービスセンター」と、障がい関係者の活動拠点「心身障がい者会館」としての機能を併せ持ち、従来の高崎市心身障がい者会館で補完できなかったサービスに対応、また、障がい者や家族の生活状況の変化に応えるために建設されました。

多様な福祉サービスを総合的に提供できるよう工夫をすることにより、利用者さまが、その人らしく、日常生活を地域社会において営むことが出来るよう支援していきます。

困難を抱えた方々やそのご家族、住民、そして職員を含めて地域にいるあらゆる人々が、持てる能力を引出し、将来の可能性を見出し、自らの未来を作れるよう支援します。

お知らせ